2021年の夢日記

2021/02/11

のび太が死んだあと1000年も生きて、これからもまだ生き続ける機械であるドラえもん。彼は、のび太と暮らしていたように様々な人間と暮らしてきた。そうやって暮らす中でも、やはりのび太との生活は特別に良かったらしい。ドラえもんはのび太のような人と巡り合うのを密かに胸の内で待ち望んでいた。しかし、何千年、何万年待てば会えるのだろうか?無限の年月を待つことができたとして、同じ人間が生成されうるだろうか?


2021/02/11

様々な動物が群れをなして暮らしていた。私も何か偶蹄目か奇蹄目の一種であった。雪が草木を覆う毛布のように積もっていた。しかし木の幹の周辺だけは土が露出しており、そこに生えた草や土にいる虫が私たちの食糧だった。

私ともう一匹で食糧を探し求めるために歩いていた。一面の真っ白な雪に、ところどころ他の動物が落としていった黒くて丸い耳垢が落ちており、これは、すでにそこの付近の食糧は食べ尽くされたという徴でもあった。あちらの方へ行ってみようかと思ったとき、親切な鹿が「あちらの方に行けば、まだ食糧があると思います。」と教えてくれた。

しかし、鹿が教えてくれた先には何も食糧がないところだった。一方、鹿たちの群れは新しい餌場でみな黙々と食べていた。


2021/04/16

私は夏の暑い日に団扇で仰いでいた。その団扇は竹でできており、プラスチックの骨とは違って、鈍い凹凸があった。そして私は、ツルツルすぎるのは善いことではなく、有機的な凹凸が必要なのだと悟った。ひっくり返った昆虫が、平たいコンクリートの上では起き上がれなくなるように、世の中がどんどん整った平たいツルツルになっていってしまうと、それはまるで分解者のいない綺麗になってしまった腐葉土のようになる、という夢であった。


2021/04/28

白八木郎矢という『技と宗教』というのを書いている人を知人から教えてもらう夢を見た。出版されて世界的にも翻訳されたベストセラーだったらしかった。


2021/04/29

塔はヒップホップ文化の系譜らしかった。塔というのはヒップホップの先見性として建てられていたらしかった。という謎の夢。塔は思うより軽く、ヒップホップは思うより荘厳らしいのだ。


2021/04/30

「本当にひどい宿なんです。僕は今、訴訟しようと思って通ってるんですよ」 私は彼にこの民宿のひどさを見せてもらうために連れて来られたらしかった。この民宿の部屋のひとつひとつに昔ながらの昭和っぽい台所と畳の居間と狭い風呂がついていた。部屋の風呂以外にも一階には温泉があり、食事のための大広間があった。 たしかにひどい部屋だった。掃除はもう何年もされていないようで、台所の食器棚には宿泊客が置いていったのであろうインスタントコーヒーの瓶があり、その中には指先ほどの深さの真っ黒に沈んだ粉とともに、瓶の半分ほどの嵩まで水が溜まっていた。台所のシンクは水が流れず、ワカメがたくさん漂っていた。私はここに居るのがゾッとしてきたのだった。 風呂場は小さく狭かった。濡れた床に足を置くと、ぬめりなんてないのにぬめりが足につく妄想がどんどん肥大していってしまって、足のつま先をぎゅっと丸めた。 「だから僕はこうやって証拠を集めているんです」 そう言う彼の表情はなんだか活き活きとしていた。 すると、部屋のドアが勝手に開いて、おばあさんがなにか喧嘩腰に彼に話しかけていた。私にはよくきこえなかったが、彼らの話し方はおおよそ宿の女将と客の会話とは思えない喋り方で、さながら親子喧嘩のようだった。

私は目が覚めると、もう朝だった。 朝は朝食を食べた後、10時にはチェックアウトしなければならない。私は、玄関とカウンターと食事のための大広間が一体になった一階へ足を運んだ。 大広間には、畳の床が一段少し床が高くなっていて、古びた定食屋のように小さなブラウン管のテレビが天井付近に設置されていた。 「今日チェックアウトなんですが」 私がそう言うと、チェックアウトの準備をすすめるとともに朝食を案内してくれた。 この旅館の不潔感からして食事をとるのは気が引けたが、朝食は意外にも美味しそうな見た目だった。 大広間には、想像に反して若者が多くいた。私は朝食の後に温泉に入ろうと思って、浴場を下見しようと思った。すると向かう途中の縁側にも若者がたむろしていた。そこには私を連れてきた男も駄弁っていた。 「ほんと、この宿最悪だったでしょ?」彼は私に気づいて話しかけてきた。 「俺、奢るから」 「この宿いくらなんですか?」 「一泊、二万円」 その値段の高さに私は驚いたが、彼が平然とその値段を言うのと、仲間たちと楽しそうに歓談するのをみて、私は驚いていないふりをした。 彼はまだしばらく連泊するようだった。 宿をあとにすると、あまり親しくなかった同じサークルだった後輩の大学生たちがバイクでこの宿にきていた。 どうやらこの宿は若者に人気らしかった。


2021/05/27

今日の夢は、ある作家と恋人になる夢だった。その恋人とは小さな喫茶店に来ていた。その喫茶店には、本がたくさんあった。しかし、それらの本は埃だらけで出版されてからかなり年月が経っていそうなものばかりだった。埃だけならまだよかったのだが、蜘蛛の巣や湿気が不潔な感じを強くしていた。私は本を選ぼうとするが、流行りだったらしい当時の武術の本ばかり並んでいてどれも手に取る気分にはなれない。しかし、店主のおばあさんは面白そうな小説を読んでいた…。

私は恋人に「どの本が面白いと思う」と訊いた。彼は「蒙緑地」というベルベットのような短い毛足の、ふさふさした<インク>で印字された本を私に渡した。ほんのページをなぞると、文字がふさふさとした凹凸になっており、初めての感触に少し心が躍った。その本の書き方は、├──こんな風に分岐しており、これもまた初めての体験だった。
                                                                                                                                
                                                                 ├──今までにない書き方であり、「ああたしかにこういう書き方もあるな」と思った。
                                                                 ├──変わっていたけれど中身は普通のエッセイだった。


2021/06/16

宙に浮かんだ凍ったクリオネをコンクリートに落として割ってしまった夢。


2021/06/29

ドクター人身売買の夢。


2021/07/27

私にはショートカットで細身の彼女がいた。彼女は私を強く束縛してきた。 私が四角いケースに入った砂糖を持っていると、彼女は「砂糖が好きだなんて淫乱な女だね。」と言った。たしかに砂糖は甘いだけで身体に善いでもないのに、その甘さをほしいままに貪るなんて淫らなことかもしれない、と思った。


2021/09/02

劇の舞台でで誰かがピアノを弾いた。坂本龍一の曲だった。この場面には、あの曲がピッタリなんじゃないかと思っていたら、その曲がまさに演奏されて高揚した。しかし、その音は私だけが認識できたようだった。彼はたしかにピアノを弾いていたのに、その音は私以外には聴こえていなかった。彼が鍵盤を叩くと、私の頭には確かに聴こえた。しかし、彼は鍵盤を叩いているのに、その音を聴く人は私しかいなかった。だからみんなに、辻褄が合うように「直接私の頭にあのピアノの音が聞こえてくるの」と言った。ピアノからみんなと共有する空気を媒介せずに直接私の脳を振動させるようなイメージで。そして自分の言った言葉に「ああ、幻聴ってこのことなんだ」と気付かされた。あんなにいい演奏なのに、自分にしか聞こえなかったことが悲しかった。